耳鳴り

最近の病院事情

先週末、健康診断に行ってきたばかりなのに、
今週半ばあたりから右耳に水が入ったような音がこもっている感覚があり、
自分の話し声も反響して聞こえてきて、
話しにくくて仕方がない。
そんな話を同僚としていたら、その彼も以前に同じ症状を経験したらしく、
早めに治療したほうがいいと脅されてしまった。
そういうわけで、久しぶりに病院に行ってきた。
耳鼻科自体は一人暮らしをしてからは初めてかもしれない。

最初に先生に見てもらったとき、
「耳穴に傷がついてるけど、耳掻きに力入れすぎじゃないかな。
 でもそれが原因じゃないみたいだから、聴力検査してみましょう」
とのこと。

先週の健康診断の時にはクリアに聞こえていた音が
昨日は低音になるほど、聞こえにくくてほとんど聞こえない音もあった。
その検査結果を基に先生が言うにはなにやら、
「突発性難聴」らしい。
難聴に効く薬があるから処方しておきましょう、とのこと。

てっきり帰り際の受付で薬をもらえると思ったら、
会計で診察代を請求されただけで、薬はナシ。
領収証と処方箋をもらい、お向かいの薬局で薬を受け取るとのこと。
しかも、薬が切れた頃に回復したか確認に来て下さいとのことで
歯医者みたいに次回の予約もするわけではないらしい。

慣れない病院は勝手が違うことばかりで戸惑いっぱなしの一日でした。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

☆ハプニング☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

けんしろう
2008年06月26日 23:36
はじめまして。
突発性難聴とは大変ですね。
ご自愛して早めに治してください。
サイトを拝見しまして、とても参考になると感じました。
また訪問させてください。
よろしくお願いいたします。
ポクテ。
2008年06月29日 12:01
どうも、お邪魔します。
突発性難聴という文字をびっくりしました。
お薬はどれくらいの期間、飲まれるものなのでしょうか?
一時的なものだと良いですね。
どうぞお大事に。

私も職業柄、耳が。。。

この記事へのトラックバック